読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's High Time

プログラミング,回路,機械まで幅広く身につけて行きたい元高専生のブログ

ROS アップデート

研究で使用するROSのバージョンがindigoからKineticになってたので,とりあえず自分のPCのUbuntuを16.04(LTS)に更新しようとした際にエラーが発生してアップグレードできなかった.

古いROS(indigo)がインストールされたままだと良くないらしい bugs.launchpad.net

indigoのパッケージを削除する

sudo apt-get remove ros-indigo-*

あとは

sudo do-release-upgrade

で16.04にアップグレード

その後はROSの入ってないまっさらな状態なのでいつもどおりROSの公式ページなどから,インストール方法を調べればよい

ちなみに~/.bachrcの中身はそのままだから,記述をindogo→kineticに変更しないとroscoreは見つからないってなるので注意

Google検索の結果を英語にする方法

英語で検索したら英語の記事を表示して欲しい

Google検索で英語で検索しても,日本語の情報が出てきて鬱陶しい時があるので"Google 検索 英語"などで検索を書けたが,予めGoogleの検索クエリの入ったGoogle.comのページURLが書いてあるくらいで,google.comをいちいち開くのが面倒

Chromeブラウザの検索窓から英語検索したいので設定した.

Chromeメニューから「設定」へ(検索窓に以下のように打ち込んでもいける)

chrome://settings/

「検索」欄から「検索エンジンの管理」

名前:適当
キーワード:google.co.jp
URL:http://www.google.co.jp/search?q=%s&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=tgl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0

これで,英語で検索したら基本的に英語表記になる

設定画面の各名称は英語から予想してるので正確とは限らない

LINE Bot

遅ればせながら,LINE Bot作りました.

画像URLを貼ると,サムネイルを表示してくれるサムネイル表示botです. thumbnail bot

Slackなら最初から自動で画像貼ってくれるのですが,LINEにはそんな便利な機能はなく PCからネットで見つけた画像を共有する時に不便だったので作成しました.

完全に理解した図

グループチャットに放り投げれば勝手にURL認識して画像貼ります.

botGoogle App Engine上で動いており,開発はGo言語で行っております. LINE Messaging APIの画像タイプがhttpsの画像(URL)しか対応していなかったので,httpの画像を一度GAEを介して取得しhttpsで返すだけのモジュールを別で作り,無理やりhttps対応にするなどしました.

追加は以下からどうぞ

友だち追加

高専ロボコン30th

以下,投稿し忘れていたので掲載します.

先日,うちの母校が参戦した高専ロボコン全国大会

ストリーミングで見てましたが最高に面白い うちのロボ研も,ちょっとずつではあるけど着実に成長してきてるなぁと感心しました.

さて,来年で高専ロボコンは30周年を迎えようとしています. そこでNHKが発表したのが誰でも参加可能なロボコン

「ROBOCON 30th」お祝いロボットです.

これはOB/OGにとっても嬉しい知らせ

www.official-robocon.com

課題のロゴは.ai .eps .pdfで公開されているのですが,やっぱりdxfが扱いやすいですよね

ということで課題ロゴをdxfに変換したものをここに置いておこうと思います.

ダウンロード(Google Drive)

サイズ適当ですが,希望あれば追加するかもしれません.

あ,一次締切 4/20までになったみたいです.