It's High Time

プログラミング,電子工作,機械設計,そして暗号通貨

ROS実行時に xacro.py や No module named rospkg といったエラーが出る問題

問題

roslaunch実行時にxacroがどうとかエラーが出る.

Traceback (most recent call last):
  File "/opt/ros/kinetic/share/xacro/xacro.py", line 55, in <module>
    import xacro
  File "/opt/ros/kinetic/lib/python2.7/dist-packages/xacro/__init__.py", line 42, in <module>
    from roslaunch import substitution_args
  File "/opt/ros/kinetic/lib/python2.7/dist-packages/roslaunch/__init__.py", line 48, in <module>
    import rospkg
ImportError: No module named rospkg

Invalid <param> tag: Cannot load command parameter [robot_description]: no such command [$/opt/ros/kinetic/share/xacro/xacro.py '/home/username/catkin_ws/src/hoge/hogehoge/urdf/hoge.xacro']. 

Param xml is <param command="$/opt/ros/kinetic/share/xacro/xacro.py '$(find arm_description)/urdf/hoge.xacro'" name="robot_description"/>
The traceback for the exception was written to the log file

解法

pythonパッケージ"rospkg"がインストールされていません.

現在の設定が"ROSをインストールしたpython"であることを確認する.pyenvでバージョンの変更などをしていないだろうか

自分の場合,pyenvで同じ2.7系であっても最新のpythonに変更して使用していたため以下のコマンドでもとのバージョンに戻した.

$ pyenv default system

そもそもpythonの参照先が違うわけだからROS関連のモジュールは入ってないわけだ

NEM Nano Walletに何も表示されない

問題

XEM Harvesting Calculatorでの計算結果,今日がハーベスト解禁日でしたので,ウキウキしながらNano Walletを開いたらこんな画面 f:id:genm:20170621031806p:plain 残高,取引履歴なにからなにまで真っ白です.

昨日までちゃんと表示できていたのになぜ?

解決法

直前に色々やったせいでかなり悩みましたが,画面右上のNodeの横の丸を見てください.

f:id:genm:20170621031815p:plain

これが赤になっていると,スーパーノードとの接続が確立されてないことを表します.あー,そういえばこの項目いじったな―

Nodeボタンをクリックして,Node Listから動いてそうなスーパーノードを選択します.

f:id:genm:20170621031751p:plain

スーパーノードとの通信が完了すると

f:id:genm:20170621033449p:plain あぁ,よかった,ちゃんと表示されるようになりました.


ここでも質問されていますね,駄文でした.

mijin.io

配布されているRaspberryPi用OSがTorrentファイルのためダウンロードできない問題と回避方法

f:id:genm:20170621001948p:plain

問題

Ubuntu Pi Flavour MakerというところがRaspberry Pi用に多種のOSイメージを提供しているのだが,実際にダウンロードすると.img.xz.torrentという拡張子でダウンロードされる.

Download | Ubuntu Pi Flavour Maker

これは,Torrentファイルというもので,実際にOSイメージがこの中に入っているわけではない.

専用のクライアントを使用しTorrentファイルを読み込めばお目当てのものがダウンロード出来るわけだが,学校や会社などではネットワーク管理者からTorrentの利用が制限されている事があり,Torrentファイルを使用したダウンロードができないのである.(無理やり回避する方法もあるには有る)

学術用途によく利用されるのにTorrentって…と思ったが今回の場合は,非常に簡単な手段でダウンロード出来たので下記にやり方を記載する.

ダウンロード手順

f:id:genm:20170621004356p:plain ダウンロードしたいディストリビューションを右クリックしてリンクアドレスをコピー

f:id:genm:20170621004639p:plain アドレス欄に貼り付け".torrent"の部分を消去

エンターを押してページ(ファイル)にアクセス.するといつもの方法でダウンロードすることができる.

というか,これはTorrentファイルを配布しているページでは常識なのだろうか…

2017年 シングルボードPC一覧

2017年をときめくシングルボードPC一覧が載っている

linuxgizmos.com

RaspberryPよりも優れたシングルボードPCはたくさんある.(技適通ってないので日本に流れてこないだけかと)

XEMのハーベスト解禁日計算ツールを作った

暗号通貨XEMのハーベスト解禁日がいつになるかを計算するツールを作りました.

XEM Harvesting Calculator

Githubでもソースコードを公開していますが,jsやフロントエンド初学者なので見栄えはよくありません.

当初はgithub-pagesで公開を予定していましたが,httpsからhttpのコンテンツに接続(XEMのウォレット情報取得)が出来ないためにnetlifyで非SSLサイトとして公開しています.

でも作成した後に気づいたけど実は計算ツールあったという

hervesting-calculator

僕のはウォレットアドレスから計算できるので許して下さい…

github.com

ROS アップデート

研究で使用するROSのバージョンがindigoからKineticになってたので,とりあえず自分のPCのUbuntuを16.04(LTS)に更新しようとした際にエラーが発生してアップグレードできなかった.

古いROS(indigo)がインストールされたままだと良くないらしい bugs.launchpad.net

indigoのパッケージを削除する

sudo apt-get remove ros-indigo-*

あとは

sudo do-release-upgrade

で16.04にアップグレード

その後はROSの入ってないまっさらな状態なのでいつもどおりROSの公式ページなどから,インストール方法を調べればよい

ちなみに~/.bachrcの中身はそのままだから,記述をindogo→kineticに変更しないとroscoreは見つからないってなるので注意

Google検索の結果を英語にする方法

英語で検索したら英語の記事を表示して欲しい

Google検索で英語で検索しても,日本語の情報が出てきて鬱陶しい時があるので"Google 検索 英語"などで検索を書けたが,予めGoogleの検索クエリの入ったGoogle.comのページURLが書いてあるくらいで,google.comをいちいち開くのが面倒

Chromeブラウザの検索窓から英語検索したいので設定した.

Chromeメニューから「設定」へ(検索窓に以下のように打ち込んでもいける)

chrome://settings/

「検索」欄から「検索エンジンの管理」

名前:適当
キーワード:google.co.jp
URL:http://www.google.co.jp/search?q=%s&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=tgl=us&hl=en&gws_rd=cr&pws=0

これで,英語で検索したら基本的に英語表記になる

設定画面の各名称は英語から予想してるので正確とは限らない